トップページ > よくある質問
軟質FRP防水、防食工法の特色は?
■どのような部位に使われますか?

一般屋上、笠木、ベランダ、開放廊下、浴室、外壁、駐車場、植栽下地、工場床、貯水槽、プール、魚槽・・・等で施工しています。
下地がどんな形状(球体や複雑な形状)や立面、天井面でも施工が出来ますので、施工現場を選びません。また、継ぎ手のないシームレスになっていますので美観上も問題なく、施工現場をFRPで包み込む事が出来ます。

 
■重量、膜厚はどのくらいですか?
基本的な工法”NR-1(1プライニング)"と”NR-2(2プライニング)"で見てみると下記のようになります。
工法 重量/ 膜厚
NR-1(1プライニング) 約3.7kg/ 約2.5mm
NR-2(2プライニング) 約5.7kg/ 約3.5mm
※軽いので、躯体に負担をかける事がありません。
※薄膜ですので、設計上使いやすい防水材です。
 
改修の現場には向いていますか?
FRP防水は旧防水層(一部を除く)を撤去することなく、施工する事が出来ますので、産業廃棄物を新たに出すことはありません。また平米当たりの重量が他の防水材に比べて軽量の為、躯体への負担がかからないので、特に改修物件では広く使用されます。
 
重歩行は可能ですか?
重歩行は問題ありません。FRPは耐磨耗試験もクリアーしている防水材ですので、駐車場、開放通路、競技場スタンドでの使用も問題ありません。
 
タバコの火で燃えますか?
タバコの火ぐらいでは燃えません。
FRP防水は耐シガレット性に優れています。他の防水材とくらべて燃えにくいです。
 
補修は可能ですか?
可能です。他の防水材とは違って部分的な補修が簡単に出来ます。
目視で点検できますので、不都合箇所が一目でわかります。
 
メンテナンスは必要ですか?

基本的にメンテナンスは必要ありません。
定期的にドレン周りの清掃を行って頂くだけで結構です。(ドレンが詰まって屋上がプールになったという例は珍しくありません。)
美観を必要とする場合は上塗りカラーを適時塗り替えて下さい。

 
■防水の保証はどのくらいですか?
メーカーと施工店で10年のメーカー保証しています。
FRP防水は10年程度の歳月は十分に持ち応えられる商品です。物件によってはトップコートの塗替えは必要です。


トップページへ戻る